概要

上位階層タグ/下位階層タグのように、タグ名に/を指定すると、これは階層タグになります。

階層タグの特徴

階層化数に制限はない
/で区切れば区切るほど階層化でき、階層数に制限はありません。
例えば、a/b/c/d/eのように5下位層のタグも作れます。
上位階層タグも同時に付けられたことになる
通常は見えませんが、a/b/cのようなタグを付けるとaとa/bのタグも同時に付けられたことになります。
そのため、aで絞り込んでもa/bで絞り込んでもa/b/cがついたタグのブックマークが表示されます。
絞り込み用のタグ一覧にはルートと現在絞り込んでいるタグの直下タグしか表示されない
下位階層のタグは上位階層で絞りこまない限りは表示されません。
そのため、タグ一覧が大量のタグで埋め尽くされることがなくなり、閲覧性・操作性が向上します。

階層タグの活用例

階層タグが効果を発揮するのは、「同じグループに属すタグが膨大にあるとき」です。
このようなタグはまとめて階層化してしまうことにより、閲覧性を向上させることができます。

例:翻訳サイトを登録する場合

例えば、翻訳エンジンが異なる次の翻訳サイトを登録するとします。

翻訳サイト英語→日本語のエンジン中国語→日本語のエンジン韓国語→日本語のエンジン
翻訳サイトA翻訳エンジンA翻訳エンジンA翻訳エンジンB
翻訳サイトB翻訳エンジンB翻訳エンジンA翻訳エンジンA
翻訳サイトC翻訳エンジンC翻訳エンジンB翻訳エンジンB

それぞれの翻訳エンジンは異なるので、

翻訳サイト階層タグを用いないタグ
翻訳サイトA翻訳,英語→日本語,英語→日本語(翻訳エンジンA),中国語→日本語,中国語→日本語(翻訳エンジンA),韓国語→日本語,韓国語→日本語(翻訳エンジンB)
翻訳サイトB翻訳,英語→日本語,英語→日本語(翻訳エンジンB),中国語→日本語,中国語→日本語(翻訳エンジンA),韓国語→日本語,韓国語→日本語(翻訳エンジンA)
翻訳サイトC翻訳,英語→日本語,英語→日本語(翻訳エンジンC),中国語→日本語,中国語→日本語(翻訳エンジンB),韓国語→日本語,韓国語→日本語(翻訳エンジンB)

というタグを付けたいとします。
しかしこれではタグ一覧に表示されるタグが膨大になってしまい、意味が重複しているタグも複数あります。

そこで、次のように階層化します。

翻訳サイト階層タグを用いたタグ
翻訳サイトA翻訳/英語→日本語/翻訳エンジンA,翻訳/中国語→日本語/翻訳エンジンA,翻訳/韓国語→日本語/翻訳エンジンB
翻訳サイトB翻訳/英語→日本語/翻訳エンジンB,翻訳/中国語→日本語/翻訳エンジンB,翻訳/韓国語→日本語/翻訳エンジンA
翻訳サイトC翻訳/英語→日本語/翻訳エンジンC,翻訳/中国語→日本語/翻訳エンジンB,翻訳/韓国語→日本語/翻訳エンジンB

実際にタグの絞り込みを行うと、次のようになります。

操作表示されるタグ
1.タグを絞りこまない翻訳
2.タグ「翻訳」で絞り込む英語→日本語,中国語→日本語,韓国語→日本語
3.タグ「翻訳/英語→日本語」で絞り込む翻訳エンジンA,翻訳エンジンB,翻訳エンジンC

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-19 (月) 16:09:59 (1958d)